レザークラフトのレーシングポニーって何?

Q&A

レーシングポニーって聞き慣れない単語だけど、何ですか?

レーシングポニーというのは、レザークラフトで手縫いする時に使う、革を固定する道具です。

手縫いは両手を使って、麻糸をクロスさせて縫っていくので、本体を固定する必要があります。

レーシングポニーを使うことで

  • 固定できる
  • 縫いやすい
  • 縫い目がキレイ

あればいいというより、なければならない道具です。

今回はレーシングポニーついてのお話です。

レーシングポニーの呼び名

レーシングポニー

ステッチングポニー

主に上記の二つで呼ばれることが多いです。メーカーにより呼び名が変わります。

多くが「レーシングポニー」と呼んでいますが、会話中では「ポニー」と略して呼ぶこともあります。

レーシングポニーの種類

レーシングポニーはメーカーにより形や大きさが異なります。

小さめで机など台に固定して使用します。

場所が狭い、手元が見えやすい、高さの具合などで選ぶことがあります。

太ももやお尻で固定します。床やイスの上に固定して使用します。

一般的にこのタイプのレーシングポニーを使っている方が多いです。

レーシングポニーを使いやすいのはどれ?

人それぞれになります。

手元を近く見たい場合などは、挟む部分が高いタイプを使います。これはメーカーや商品により高さやサイズが違うので確認して購入します。

また腕が疲れるので、挟む部分は低い方が良い場合があります。

サイズは様々ですので、確認してください。

余談ですが、私は近視のため背の高いレーシングポニーを使っています。

しかし、長い時間手縫いしていると手が疲れてきますので、休憩を入れて作業しています。

結局、どれがいいの?

ネットで販売しているレーシングポニーは安いものは粗悪品があります。

素材が木材なので、節があったり、カビが生えていたりと使いにくい・使えないものが送られてくることもあるそうです。ネットで購入する場合はレビューをしっかり読み、安心できるところで購入して下さい。

またメーカーものは7,000~9,000円または10,000円以上のものまであり高額となります。

そうなると中々手を出すには勇気がいりますが、品質は保証されます。

サイズ、価格の見合ったレーシングポニーを見つけて下さい。

レーシングポニーを自作できる?

レーシングポニーを自作している強者もいます。

このサイトでは初心者女子を対象しているので、自作はあまりオススメしていません。

  • 工具を持っていることが少ない
  • 木材で作ることに慣れていない
  • 自作しても成功するとは限らない
  • 作っている時間をレザークラフトに充てる

などの理由です。

木材で作ることに慣れている人は自作して下さい。それ以外の人は購入する方が確実です。

タイトルとURLをコピーしました