縫わない!切るだけ!マウスパッドを作ろう【型紙ダウンロード】

製作編と型紙ダウンロード

今日は縫わずに作る革小物を作ります。

一番簡単なマウスパッドを作りましょう。

マウスパッドは好きな形に切るだけ!気になるなら、床面(裏面)やコバをキレイに仕上げましょう。

作業工程は

  1. 型紙のダウンロードし、型紙を切る
  2. 革に型紙をあてて、銀ペンで型を描く
  3. 銀ペンの型通りに裁断する
  4. 裁断後、気になるなら床面やコバの処理をする

4工程だけです!早ければ10分ほどでできあがります。では早速型紙のダウンロードしましょう。

マウスパッドの型紙のダウンロード

型紙は3種類あります。長方形2種類と円形です。

この型紙通りにしなくても、自由に形を変えてもOKです。マウスパッドは型紙を使用せず、フリーハンドで切って作ってもいいくらいです。

マウスパッド 200x180

(A4/PDF)

サイズ:幅200x奥行180mm


マウスパッド 220x200

(A4/PDF)

サイズ:幅220x奥行200mm


マウスパッド 150/180/200

(A4/PDF)

サイズ:φ150、φ180、φ200

二重線・三重線になっている箇所は、お好みの線で裁断してください。

マウスパッドに最適な革

マウスパッドを作るには最適な革があります。革選びを間違うと、マウスがスムーズに動かず、使いにくいマウスパッドなります。

以下のことに気を付けて革を選んで下さい。

  • 2mm以上の厚みのある革を選ぶ
  • 固めの革を選ぶ
  • 表面が滑らかな革を選ぶ(シボ・シワ・穴・型押し等は避ける)

マウスがスムーズに動く革を選ぶのがコツです。丸まっていたりしたら、伸ばして平坦にしてください。

革を探そう ヌメ革やオイルレザーが欲しいなら「和乃革」がおすすめ!

アレンジしてみよう!

ただ切るだけでは少し淋しい・・・と思ったら、アレンジしてみましょう。

  • 縁取りを縫う
  • 刻印をする
  • 端に革を縫いつける
  • スワロフスキーを貼り付ける
  • カシメでメタルチックにする

などアレンジ方法は色々あります。あなたのオリジナルアレンジでデコってみましょう。

サイズの微調整

マウスパッドもサイズの微調整ができます。

参考記事 レザークラフトの型紙の微調整の仕方

こちらの記事を参考に、ミリ単位やセンチ単位で微調整してください。

型紙を裁断した時に、マウスの動く範囲を確認してみるのもいいですね。自分がどのくらいの広さが必要か、作る前の確認は超重要です。

マウスパッドは裁断するだけなので、製作作業工程は省きます。

タイトルとURLをコピーしました